日本酒に合うおつまみとは

MENU

日本酒に合うおつまみとは?

美味しいお酒には相性の良いおつまみが必要ですよね。
特に良いお酒が手に入ったときには、できるだけ美味しく飲みたいもの。
日本酒の魅力を最大限にあげられるよう、酒の肴を吟味しましょう。

 

複雑な味わいを持つ日本酒は。どんな料理にも合わせやすく、食中酒に適しています。
和食だけでなくイタリア料理、フランス料理、中華料理など世界中のお皿に合わせることができる特長があります。
繊細な味ものでも、刺激や香りが強いものでも互いに味を壊さないんですね。

 

お酒とおつまみの相性はなにで決まるの?

日本酒だけでなく、お酒とおつまみは相性が重要です。
相性が良いとはどういうことか、今回は3つの組み合わせパターンを紹介します。

 

同じような風味を持つお酒と料理の組み合わせ
 甘いお酒には甘い料理、さっぱりした酒にはさっぱりとした料理が相性抜群です。

 

風味の異なるお酒と料理が合わさることで新たな香りを生み出すもの
 組み合わせによって単独にはなかった美味しさが生まれるものも相性がよいです。

 

お酒もしくはおつまみのどちらかがもう一方を引き立てる組み合わせ
 お酒が料理の脂っぽさや臭みを抑える、料理の保存性を高めるなどの効果がある場合がこれにあたります。

 

 

逆に相性が悪いとはどういうことかといいますと、
組み合わせによって料理の味が反発したり、魚介の生臭さを引き立ててしまうパターンがあります。
自分で相性をみつけるのも通な楽しみかもしれませんね。

 

 

 

純米酒に合うおつまみ

米の旨味そのままをお酒にした純米酒。
醇酒とも呼ばれ、奥深くて甘い香りと旨味の強い味わいが特徴です。
昔ながらの日本酒といえば純米酒です。

 

お酒自体に強い味わいがあるために、おつまみにはしっかりとした味付けの料理がオススメです。
大人がおつまみにしていた、珍味系のものは相性がとても良いです。

 

バターやクリーム系の洋風料理とも相性が良く試してみると良いと思います。

 

オススメのおつまみ

塩辛、酒盗、サバの味噌煮、とんかつ、すき焼き、クリームシチュー、焼鳥、餃子