ワインに合うおつまみ|ワインとのマリアージュについて

MENU

ワインに合うおつまみとは?

ワインに合うおつまみ|ワインとのマリアージュについて

 

少し前までは「お肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワイン」とされていた時代がありました。しかし、実際にはこれは間違っています。いまでは多くの品種の葡萄や製造法が出来上がり、赤ワイン・白ワイン問わずに多種多様なものがあります。これによってお料理との組み合わせも色々選択できるようになったのです。

 

ワインとお料理の相性のことを「マリアージュ」ということを知っている方も多いと思います。マリアージュとはフランス語で結婚を意味し、本当に相性のよい組み合わせで幸せになれるという意味で使われています。さすがグルメ大国フランスですね。たとえがおしゃれ☆

 

ワインと料理の組みあわせはいろいろありますが、最も簡単なものは
「共通点を見つけること」にあります。
共通点が分からない場合には、まずはさっぱりしたお料理なので爽やかな白ワイン、赤身のレアステーキだから力強い赤ワインというように大雑把でも構わないです。

 

また、デミグラスソースのようなコクのある味付けの場合には、コクのある赤ワイン。柑橘系のソースやドレッシングなど酸味が立っている場合には、すっきりした白ワインを選ぶとよいです。案外このような選び方をしていると、自分だけのマリアージュを見つけることにつながります。

 

 

ロゼワインと料理の相性はどのように考えるか

ワインに合うおつまみ|ワインとのマリアージュについて

 

ロゼワインは基本的には白ワインに近いものとして考えると良いと思います。
正確には、やや赤ワインに寄った白ワインというところでしょうか。白ワインよりも若干コクのある料理との相性が良くなります。
例えばバターをたっぷり使った白ワインや鶏肉のムニエルなどでしょうか。
他にはサーモンやエビを使ったお皿とも相性抜群です。

 

 

スパークリングワインの特殊な相性について

ワインに合うおつまみ|ワインとのマリアージュについて

 

スパークリングワインの炭酸による、口の中に入れたときのシュワシュワっとした感覚にあわせる方法があります。
食感であわせるというのはシャンパンをはじめとするスパークリングワインならではでしょう。
これに合わせるものとして、白身魚のフライや野菜チップスなどが良いです。

 

食前酒としていただくことも多いので、軽くつまめるものと相性が良いのは納得しやすいのではないでしょうか。
ホームパーティをするのであれば、スナック菓子やナッツのような乾物と一緒に楽しんでみてください。

 

 

ワインと和食のマリアージュについて

近年欧米ではヘルシーな和食ブームが続いていることもあり、ワインと和食との相性について積極的にもさくされています。素材を生かした和食の繊細な味付けには、それを壊さないだけの柔らかく、優しいワインが適しています。

 

和食といっても実は食材が多く、また調理法も様々ですのでなかなかとっつきにくいのは確かです。
しかも、和食は砂糖やみりんなど甘味をうま味としてとらえる食文化があるので酸味の強いワインよりも、やわらかい味わいの方が合わせやすいと考えています。甘い和食のイメージですが、天ぷらの付けタレ、ウナギの蒲焼、すき焼き、肉じゃがなどの煮物、どれも実はあまいでしょう。

 

和食全般に相性が良いと感じるのは、スパークリングワインやロゼワインです。
また、山梨県産の「甲州」「甲斐」といったワインも素材の味を邪魔しないワインとしてオススメします。

 

 

お刺身と相性の良いワイン

とにかく生の魚の生臭さを強調しないことが重要です。フレッシュ感があり、フルーティーなものが良いと思います。白ワインが最もよく、品名でいうとシャブリ、甲州などです。

 

お寿司との相性

厳密に考えるとネタによってさまざま相性の良いワインは変わるが、一貫ずつあわせるのは外の専門店に行くのが良いでしょう。おうちで楽しむためには、1本で通せるワインが良いと思います。中間的な味わいの白ワインがオススメです。
例えば、ピノ・グリ、甲州です。

 

天ぷらとの相性

サクッとする食感にあわせるのが、最も良いと思います。油で揚げた料理なので口の中をすっきりとさせる効果もあります。スパークリングワインがやはり相性抜群です。シャンパーニュ